突然ですが、皆さんは自分の足のサイズを正確にわかっていますか?
過去に履いていた靴のサイズや、購入時の試し履きによる感覚から、だいたいで自分の足のサイズを把握している人は多いのではないでしょうか?
 先日、私は“ある理由”があって「3D足形計測」を体験してきました。「3D足形計測」は名前の通り、3次元で立体的に足型を測定できる装置を使用し、“足長・足高・足囲・アーチ高・かかと幅・かかと角度”を同時に測定することができます。

足形計測写真21足形計測写真
測定は足に何点かのシールを張り付け、上部写真装置に足をいれてコピー機のようにスキャンします。※測定時間は両足で5~6分程度です。
   
<検査結果>
doc15429020200827153734
 計測結果は出ましたが、、、うーん。どの数値がどんなことを意味しているのか良くわかりません。
店員さんの解説では、「右足の大きさ25.0㎝、左足は24.1cmと左右のサイズ差が約1㎝ある為、靴の適正サイズは、左足には少し大きいが25.5㎝をお勧めします。足囲は細めなので標準のワイド幅でOK」ということでした。
 計測結果の割に大雑把な説明だな~っと思いましたが、まず、自分の足が左右で1㎝違うのには驚きました。また、足の幅も標準以上に細いとは思っていませんでした。
帰宅後も計測結果をいろいろと見ていたところ、右足の指先の影が薄いので、少し浮き足気味であること等もわかりました。
改めて、今迄、自分の足についてはまったく知らなかったのに気付かされ、知らなかった本当の自分(の足)に気付かされたような気分になりました。
皆さんも宜しければ、「3D足形計測」を体験してみてはいかがでしょうか?意外な結果がでるかもしれませんよ。