新型ウイルスの影響も終息の兆しが見え始め、ようやく日々の日常が戻りつつある今日この頃、埼玉県ではまだ緊急事態宣言が解除されておらず(ブログ記載日5/25AM)、5月の連休や休日はもっぱら家での自粛生活を送っております。
 そんなことで休日はそれなりにゆっくりとした時間を過ごしておりますが、やはり、外に出れないのは若干のストレスでもあり、室内で少しでもストレス緩和になるようなものは無いかと考え、観葉植物を飾ろうかと思いつきました。
 観葉植物には“ストレス緩和”“空気清浄効果”“視覚疲労緩和”“加湿調整効果”“モチベーションアップ”等様々な効果があるようです。※効果には諸説あり、コバエの発生等二次的な悪影響の可能性もあります。
 そんなすばらしい効果のある観葉植物ですが、我が家では大きな観葉植物は置くことができませんし、手入れの難しいものは枯らしてしまう可能性が高いです。
何か手頃なものは無いかと探していたところ、某100円均一ショップにて小さな“ガジュマル”が売っているのを発見・購入しました。
 ガジュマルは熱帯~亜熱帯地方に分布する常緑高木で沖縄地方では「キジムナー」と呼ばれ、“精霊の宿る木”とされています。耐陰性もある為、屋内でも多少の日光があれば元気に成長するそうです。
 本日迄2週間程度家に飾ったところ、とにかく成長が早く、購入当初数本であった枝葉が、みるみる内に数倍に増えました。
<購入当初(イメージ写真です※実物の写真取り忘れました)

ガジュマル初期
<現在>
KIMG0165

 本当に成長の速さにはビックリさせられます、このまま室内で飾っておくことができるのだろうか??と不安になるくらいです。
ちなみに、、、ガジュマルはその生命力の強さから他の木に取りついて成長すると、その木を締めつけて枯らしてしまうことがあり「締め殺しの木」とも呼ばれているそうです。
なんだか怖いですね。。
いろいろな呼び名がありおもしろい植物ですが、あまり大きくなり過ぎないようにうまく生育させていければと考えています。
今後も機会があれば、生育状況を報告します。