softronics_motorのblog

DCブラスレスモータメーカのソフトロニクス株式会社 主にDCブラシレスモータの設計から生産まで自社で一貫し、最適なカスタマイズでお客様にご提供します。 制御回路をモータ内に内蔵しているため、小型・薄型なモータを取り揃えており省スペースな場所でご使用いただけます。

2020年03月

世界中にコロナウィルスが蔓延するなか、対策として国によっては渡航禁止や外出禁止令を出しています。これは、ウィルスの蔓延を防ぐには最大の効果を発揮しますが、反面、ものやサービスの流れにブレーキをかけ、資金の流れを鈍化する、結果、景気が悪化するのは必然であります。
しかしながら、まずは生命の安全確保が第一であり、経済は後からと大国のリーダが発しているように全世界が手を取り合い、感染拡大の危機を脱することに全力を尽くす期間であると私は認識しています。
「元気が一番、元気があれば何でもできる!」まさにこのメッセージを今、世界へ発信すべきではないでしょうか!?

 さて、界隈では桜の開花が進んでいます。これは私が感じたことですが巨木の桜の開花は2,3分咲きってところですが、小さい木は早いもので満開になっています。
当社は、従業員40名程度のDCブラシレスモータの会社なので桜の世界では小さい木ではないでしょうか。
当社の魅力の一つに
・小回りが利いてスピーディーな対応とあります。
お客様にお困りごとがあれば、部署問わずに迅速な対応を心がけ短期間で問題を解決します。
一例ですが、ある案件に対してモータの構造設計から始まり試作品の完成まで1ヶ月以内でおこなった例もございます。もっとも早いプロセスを考え、お客様のニーズにお応えすることに自信を持っております。

桜の小さな木のように、迅速な対応で短期間で見頃を迎えられる会社と思います。



 「定時で仕事を終えると、空がいつもより明るい」 ことで冬の終わりに気づく極楽浄土です。

 新型の感染症によって、都心を丸く一周する山手線は混雑率が大幅に減っているとの事。
電車内は時間を問わずいつもより空いており、テレワーク・時差出勤といった柔軟な対応が進んでいることが窺えます。
 高速通信と便利なオンラインツールの普及は、IoTや効率化という目的が主になっていましたが、混雑の中出勤するというリスクを減らし、感染症拡大を防ぐ。といった新たな成果を発揮している良い事例です。

 弊社が取り扱う製品はモータなので、山手線のように「丸い」ものを多く取り扱います。
モータの形状としては、アルミ等のケースにモータの主要部品を組み付けて出荷、その後お客様が筐体に組み付けるのが一般的です。さらに近年では、モータの部品を一つずつ取り付ける「フレームレス」という形態が広まっているため、暫定的ですがフレームレス形式の新型モータをラインアップに掲載しております。

fl100

 モータは写真のように丸いドーナツの形状をしています。モータを駆動するシャフトは棒状だけでなく中空タイプにも対応でき、一般的な形状と比較するとよりカスタマイズに適したものとなっています。

 お客様の視点に立った商品を提供するためには、「お客様のカスタマイズに応える」ことも重要であると考えています。上記のフレームレスモータだけでなくカスタマイズに特化できる当社製品群を隅々までご覧いただければ幸いです。

 ※フレームレスモータの特色
・従来のモータと異なり筐体にモータの部品を直接はめ込む構造なので、別途モータケースを使う必要が無くなり、コストの削減に繋がる。
・放熱性の高い構造であれば、モータ自体の放熱性も向上し、より安全にモータをご使用頂ける
といった新たな効果をもたらします。

雛祭りから1週間が過ぎ、そろそろ雛人形をしまわなければと焦っている今日この頃。
今回は雛人形をしまう前に、いろいろと調べてみましたので記載したいと思います。
 雛祭りとは、「桃の節句」「上巳の節句」等と呼ばれ、女の子の成長をお祝する風習です。
もともとは古代の中国で生まれた風習を起源とし、奈良時代に日本の宮中行事に取り入れられ、当時の貴族社会の遊び道具(“ひいな”と呼ばれる人形)と交り合った結果、現代の雛祭りの原型が誕生しました。
その後、江戸時代になり幕府から五節句という祭日が制定された際に、庶民にも広まりお祝として定着していきました。
 雛人形の飾りには七・五・三段、コンパクトな出飾り等のバリエーションがあります。江戸時代頃から次第に段数が増え、後期には今日見られるような七段飾りができたようです。また、奇数の段数が良いとされるのは江戸風といわれ、地方によっては様々な独自の飾り付けの風習が残っています。
HORIZON_0001_BURST1001001000179_COVER

 雛人形を片付けるタイミングは諸説ありますが「飾りぱなしだと婚期が遅れる」という俗説から、四日早朝には片付けた方がいいという説や、4月頭頃迄は問題無いといった考え方もあります。
片付けるタイミングに特別な決まりは無いようですが、なるべく早くに片付けるのが良いようです。

我が家でも早速、家に帰って娘と雛人形を片付けたいと思います。

↑このページのトップヘ