まだ梅雨入りもしていないのに暑い日が続いています
以前ご紹介した“ゴーヤ栽培”が想定していた以上の生育状況の為、進捗を報告したいと思います。
5月のGW後半に植えたゴーヤの苗ですが、みるみる大きくなり2週間弱で花が咲き始めました。
KIMG0131[1]

 日に日に大きくなるゴーヤを見ていると、どこまで大きくなるのか少し怖くなりますが、同時に成長を実感できるのは楽しみでもあります。
小学生の頃の植物観察もアサガオではなくて、成長の早いゴーヤにすれば “サボらず、楽しくできたのかな~( ̄∠  ̄ )” と昔を懐かしんだりしています。
 さて、昨今の農業分野では、植物の成長を感覚的に感じるのではなく、生育状況のデータ管理や環境操作によって効率的で安定したな生産をおこなう取り組みがなされています。中でも「植物工場」と呼ばれる施設栽培の農業については、LEDによる日照管理、ロボットアームを使用した種まき~収穫~出荷作業と、人の手を介さない全自動化された生産をおこなっているようです。
野菜も当社のDCブラシレスモータと同じく工業製品と位置付けられる時代はすぐそこまで来ているのかもしれませんね。