新製品のA1-OT8Rが売れています。製品の特長は制御回路をモータに内蔵しているにもかかわらず、小型・薄型です。さらに、ギアヘッドレスで高トルクな超低速運転が可能ですので、ベルトコンベア等の駆動には最適な製品です。また、コギングトルクを抑えて設計されているので静音・低振動な運転が可能です。
本日はA1-OT8Rの生産風景をご紹介します。

DSCN1386(1)モータのコアとなる部品コイルの作製。
専用の巻き線機で作製しているので、巻き数や線径は自由自在です。お客様のモータ仕様のご要求にお応えできる当社の強みです。














(2)ロータの作製DSCN1404


本モータはアウターロータ構成なのでロータの内側にマグネットを取付、シャフトを圧入。
















DSCN1402
(3)制御基板とコイルをフランジに取り付け。
当社の特徴の1つである制御基板をモータに内蔵するオールインワン化です。ちなみに製品名のA1とはオールインワンを意味します。













DSCN1414(4)A1-OT8Rの完成
各構成部品を組み合わせて完成

小型・薄型な高トルク超低速運転可能なモータ。

多様なお客様のニーズに応じてカスタマイズ対応いたします!!