softronics_motorのblog

DCブラスレスモータメーカのソフトロニクス株式会社 主にDCブラシレスモータの設計から生産まで自社で一貫し、最適なカスタマイズでお客様にご提供します。 制御回路をモータ内に内蔵しているため、小型・薄型なモータを取り揃えており省スペースな場所でご使用いただけます。

 新型コロナによって大きく社会は変革しようとしています。with CORONAのスローガンに経済活動は再開されたが、経済の状況は低空飛行なままです。それに追い打ちをかけるかのようにコロナ陽性者は急速に増加しています。当面は感染拡大防止をしながら経済活動をしなければならいのであれば、一刻も早く我々はその術を確立する必要があります。
 当社は経営理念キャッチフレーズに「目指せ!Motion Control For Future Robots」を掲げております。
Motion Controlとは、さまざまなシステムの運動を所望の結果となるように制御するための学問領域であり、その対象は工作機械や産業用ロボットといった産業機械、無人搬送車や電気自動車といった輸送機械、パワーアシストロボットや手術支援ロボットといった人間支援機械あるいは医療器械など非常に広範に渡ります。どの分野のシステムにおいても必ずと言って良いほど、モータは構成されています。with CORONAの世界を実現するためには省人化、無人化技術が活躍することが予想できます。この世界では当社のモータで貢献できることは沢山あると信じており、それに向かって貢献されているお客様のご要求にお応えするのは当社の使命であると考えております。


暑中お見舞い申し上げます。

コロナ、梅雨、大雨とすっきりしない日々が続きますが

例年であれば、高校野球、夏休みにセミの声、というものだったと思います。


先日、玄関先にセミの抜け殻を見つけました。
P1080972


アブラゼミの殻の様です。

暑い日が続く気配ですが、密を避けてこの夏を

乗り切っていきたいと思います。

 

 日々のスケジュールと、マスク使用時の耳の痛さに悩まされている極楽浄土です。

 外出を控えるムードが渦巻く中、自宅で出来る暇つぶしとして思い浮かぶのはDIY。自炊と同じく手間はかかりますが、手持ちの工具でモノに手を加えたり、完成具合を楽しむ方は多いでしょう。折角なので、今回は調子が悪くて放置していたラジオの修理(オーバーホール)をしてみました。

 試しに電源を入れてチェックしてみると、全く音が出ない...

 内部をチェックしてみると基板の配線が一か所割れており、これが音が出ていない原因だろうと判断。
 また製造から40年経過しており、確実に劣化していると思われる電解コンデンサ(写真の部品)を新品に交換。

DSC_3110s
・取り外した電解コンデンサ。何か黒い中身が飛び出ています

 配線の付け替えと部品交換は半田ごてを使いサクッと終了。動作チェックをしたところ、出なくなっていた音も復活。以前から調子が悪かった音質調整も電解コンデンサを交換した為かしっかり機能するようになりました。
 木目調のフィルムも新品に貼り直し、AM放送が終わるまで活躍できそうです。

DSC_3112s

 DIYは自己責任の世界ですが、捨ててしまうようなものを復活させたり、より便利な家具組み立てが出来る等、生活をより良いものにできる余暇の過ごし方ですね

 弊社では半田ごてを使用したり、金属加工が出来る各種機械に触れるシーンが多いので、DIYのスキルアップとしても好適です。興味のある方お待ちしております。

↑このページのトップヘ