softronics_motorのblog

DCブラスレスモータメーカのソフトロニクス株式会社 主にDCブラシレスモータの設計から生産まで自社で一貫し、最適なカスタマイズでお客様にご提供します。 制御回路をモータ内に内蔵しているため、小型・薄型なモータを取り揃えており省スペースな場所でご使用いただけます。

早いもので、一年が過ぎ年度末となりました。桜の花も見頃を迎え、本来であれば公園は花見客で賑わうはずですが、コロナウィルスの影響で今年もお花見は自粛となりました。来年こそはという気持ちです。
さて、今年1年を振り返ると様々の分野でコロナの影響を受け、色々な変化がありました。
その中でもポジティブな変化もあり、コロナ下でデジタル化、通信技術、ロボット技術の進化を加速させました。

「ペーパーレスな社会へ、はんこレスでデジタル認証できる社会へ」
「5Gの普及により、タイムラグなしで遠隔操作できる社会へ」
「物のインターネットIOT技術の向上で、様々な分析、予知が一括管理できる社会へ」
「ロボット技術の進化で人、人の非接触な社会へ」
「自動車の自動運転、人が運転せずに旅行できる社会へ」

技術革新は喜ばしい事ですが、多くの変化に伴い、残念ながら淘汰してしまう産業もあります。デジタル認証が普及すれば、はんこ屋さんは淘汰の対象です。今まで、当たり前のように使っていた製品が不要になる、または人がロボットに代替えされてしまうというような社会がすぐそこまで来ています。

昔の歌の中にもこんな表現が。。。

「祇園精舎の鐘の声 諸行無常の響きあり。沙羅双樹の花の色、盛者必衰の理をあらわす。
奢れるものも久しからず、ただ春の夜の夢のごとし。猛き者も遂には滅びぬ、偏に風の前の塵に同じ」

【この世の物は絶えず変化していくものであり、どんなに勢い盛んなものでもやがては衰えてゆくものである。世の中で栄えて得意になっているものがいても、その栄華は長続きするものでなく、まるで覚めやすい春の夢のようだ。。。。】

平安時代の頃から、栄華は長続きせず変化に対応できなければ衰えてゆくと、今の変化が激しい現代社会に通ずるものがあります。

当社も世の中の激しい変化に対応したモータを提供できるメーカを目指したい所存です。

 一日を通じたマスク着用生活に慣れたせいか、耳の痛みを完全に克服した極楽浄土です。

 弊社では「チャレンジ案件」と銘打って一人一人のスキルアップを進めています。
その中で自身が行っているチャレンジ案件は以下の通りです。

 「作業が終ったら作業台の上はリセットする」 
 作業場の配置を含めて段取り、片付けを作業の度に毎度切り替えています。

 こんなことをしていると、「コロコロ段取りばかりしていると時間を食って効率が悪くなる」そんな声が聞かれるかもしれません。
 仕事というものは突然の案件が降ってくることがあります。そんなときにいつも作業台の上が乱雑だとどのような現象が起きるのでしょうか。

 いざ別の作業をしようとしても場所がない。そんな時には使ってないモノは隅に置いておこうとなります。
その繰り返しで、工具や書類は山積みになっていき、いつの日かどこかへ埋もれてしまいます。そしてその工具や書類を探し回っている他の人が見つけて発掘する...そんな結末が待っています。

 工数削減のアプローチは様々ですが、自分だけでなく他人の時間も消費させる二重のムダを引き起こすことのないよう心がければなりません。 

 すべてに適用されるとは言えませんが、時間がかかりそうな先入観があっても最終的にはムダを省いた運用ができると思われます。

IMG_8464

 春を過ぎれば、あっという間に夏がやってきます。そんなときに遭遇するのがエアコンのトラブルです。
エアコンをつけようとしたら故障して冷えない、今から修理依頼をかけると1週間待ち...
そんな話題が毎年のように聞かれます。

 ファンヒーターやガス暖房を使っている環境では冬の間にエアコンの調子が悪くなっている恐れがあります。
今年の夏は暑くなるという予報がされています。猛暑と熱帯夜を快適に乗り切るため、暖かくなった時には早速エアコンの様子をチェックして故障をしていないか確認をしてみましょう。

 家でも職場でも準備は万全に。そんなところです。

9月に終わりに近づき、ようやく秋らしいすずしさが

少しは感じられる様になりました。

食欲の秋と言われますが

秋の味覚の栗が、店頭に並ぶ様になり、早速手に入れました。
P1080977

茹で栗、栗ご飯、焼き栗、などなどありますね。

関東では茨城、栃木、関西では丹波のものが手に入ります。

コロナが終息しない中ですが、季節感を感じてみたいと思います。

 

↑このページのトップヘ